最高に明るいトット!「心のモヤモヤを消す方法」


JUGEMテーマ:MIX猫

 

 

今日も寒い一日でした〜!

最近、あちらこちらで道路工事が行われています。

そこにいる警備員の方に比べたら、

こんな寒さはなんてことない!と思うのですが、

それでも寒い!!

寒いだろうなぁ〜。すごいなぁ〜って

尊敬してしまいます。

 

 

 

赤いリボンをみ〜んなにつけてて。。

こちらはミミちゃん。

ミミは元が良いからなんでも似合いますねぇ〜。

 

 

 

こちらはミミのお子様、トットちゃん!(女の子)

トットは、最高に明るく、賢く、優しい子です。

昨年、我が家で産まれた8匹の子猫たちの中では一番かも!

 

そして、私のそばにいつも居てくれてます。

最近は支持をすると、私の肩にぽ〜ん!と

乗ってくれます。

 

あぁ〜。。

私もトットみたいにいつも明るくなりたいと思うのであります。

 

何かの拍子に昔のいやぁ〜な思いとか辛い記憶を思い出して

暗くなります。。

どよ〜〜んとした気持ちをどうしたら切り換えられるのでしょう?

 

 

 

 

そんな時、この本を思い出します。

 

 

 

内容紹介

私たちは「お金がない」「時間がない」「休みがない」「才能がない」
「もしも、あの時こうしていれば~」などと思ってしまいがちです。

過ぎ去った出来事を悔み、未来に不安を抱くことで
「いま」のエネルギーを減らしてしまうのは、もったいない。
それよりも、起こることは全部マルって決めてしまい、
心配事のエネルギーを「いま、ここ」に注ぎこんだ方が、
人生お得だと思いませんか?

この本は、コトバに言えない漠とした不安を解消し
新しい現実を創造できるようになる「人生の攻略本」です。

 

心のモヤモヤ、ストレスを消すための3つの方法

より

■悩みが消える魔法の言葉


もし、何を試しても悩みが消えず、心がもやもやしたままなら、

こんな「開き直り」が有効かもしれません。


 それは、自分が悩んでいることの後ろに「それが何か?」をつけるというもの。
――つい食べすぎて、ダイエットが続かないんですけど「それが何か?」
――親とうまくいっていないんですけど「それが何か?」
――学校に行きたくないんですけど「それが何か?」
というように、「それが何か?」をつけることで、ひとまずは悩みを受け入れることができます。
自分の状況を受け入れられないからこそ、悩みは苦しいものなのだと考えると、「それが何か?」と開き直ることは悩みから解放される第一歩だといえそうです。

 

22世紀的「人生の攻略本」 起こることは全部マル! 3時間で新しい自分になれるワークブック

 

 

「解毒」について

 

我が家の白にゃん姉弟が掲載されています。

2017年猫めくり大賞を頂きました。

 

 

さとうみつろうさんが最近出版されたこちらの本↓

も面白い。

ある女性週刊誌で連載されていた記事を

まとめた本だそうです。

 

 

 

猫写真ランキングに参加しています。
 

にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ
↑「ポチッ!」

とありがとうございます。

 

あらいごま(黒) 80g   《京都へんこ山田製油》

 

 

 

「咳にレンコン」

 

きつね丼!「腕の痛みとメッセージ」

JUGEMテーマ:美味しいもの

 

IMG_9292.jpg

 

葉っぱんとソラミです。

可愛い眼差しで何を見ているのでしょう?

 

今日は暖かい一日でした。

が、また明日は冷え込みそうです。

 

 

 

今日、仕事がら、通り道でふら〜っと入ったお店で食事を。

初めて入る店はドキドキします。

メニューに「きつね丼」と。。

生まれて初めて食べました。

結構、美味しいです。

 

 

主人はラーメンとミニカレーライス。

どこか懐かしい味がしました。

 

今は個性を追い求め、

新しい味が出て新鮮ではありますが、

小さい頃、そういえば、こんな味のラーメン食べたことあったかも?、

と思わせるお店に出会うと、嬉しくなります。

 

「腕の痛みとメッセージ」

最近というか、何年か前から右腕の筋の痛みがあります。

 

 

より。

 

腕にトラブルが生じている場合は、あなたが自分の有用性や価値を認めていないことを

意味しています。自分はまわりの人に評価されていない、

と考えているのです。

他人よりも自分の方が劣っていると感じています。

 

この場合、からだからあなたへのメッセージはこうです。

 

「あなたは、今いる場所で、とても役に立っているのですよ。

みんなあなたを本当に必要としています。あなたを高く評価しているのです。」

さらにまた、現在あなたはとても有利な状況の中にいるのに、

それをつかみとろうとしていない、ということを言おうとしているのかも

しれません。

 

あらゆる病気には意味がある!

すべての病気と事故は、あなた自身によって引き寄せられたものと考えなければ

なりません。

病気というのは、からだから送られたサインなのです。

 

【増補改訂版】〈からだ〉の声を聞きなさい―あなたの中のスピリチュアルな友人

より、抜粋。

 

 

「解毒」について

 

我が家の白にゃん姉弟が掲載されています。

2017年猫めくり大賞を頂きました。

 

 

さとうみつろうさんが最近出版されたこちらの本↓

も面白い。

ある女性週刊誌で連載されていた記事を

まとめた本だそうです。

 

 

 

猫写真ランキングに参加しています。
 

にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ
↑「ポチッ!」

とありがとうございます。

 

あらいごま(黒) 80g   《京都へんこ山田製油》

 

 

 

「咳にレンコン」

 

猫に感謝。「自分に感謝。」

JUGEMテーマ:MIX猫

 

今日は2月22日!

そう!

「猫の日」ですね!!

 

 

猫との初めての出会いはこの二匹だそうです。

 

というのは、私がとっても小さい頃だったから

あまり覚えていませんが、

向かって右側の猫だけはしっかりと覚えています。

 

共働きの我が家には、

学校から帰宅するとシーンと静まり返って、

とっても、寂しい空気が流れていました。

でも、向かって右側の猫、ミミが私を迎えてくれてました。

雷の日も悲しい日も、

仕事から帰ってくる母を一緒に待っていてくれました。

 

なので、猫の存在は大きいく、

とっても、感謝しています。

今は沢山の猫たちに囲まれて幸せです!

 

 

 

「病気にならない暮らし辞典」より

 

「自分に感謝」

 

この地球上のすべての生物は、人も動物も植物も微生物も

さらには鉱物などの生物以外のもの含めて、地球の分身であり、

兄弟であり、すべてが循環して繋がっています。

どれが上、どれが下もない、

同じ地球の一部で、それぞれの役割の違いがあるだけなのです。

人以外のすべての生物は、自然に沿って生きています。

人だけが高度な知能をもち、他を支配してもいいというのは、

極めて傲慢な考えであり、その結果ゆえに多くの人が病気になっていくのです。

 

つまり、病気にならない心とは、これらのすべてのものの役割を認め、

感謝する心ということになります。

まずは自分に感謝しましょう。

特に日本人は、これができていない人がとても多いように感じます。

自己を犠牲にすることがいいことのように教えられて来た人が

多いせいかもしれません。

もちろん、そのような考えは尊い一面でもありますが、

自分を縛るような思い込みも、病気になる大きな要因になっています。

自分すら感謝できない、愛せない人がどうして人に感謝することができるでしょうか?

自分を追い込む傾向の人は、

自分を解放し、自分に感謝してみましょう。

自分を取り戻せるもの、ことはなんですか?

そして気持ちいいと思うものの中に、ゆっくり身をおいてみましょう。

私たちの体は、無意識に心臓が動き、呼吸をしています。

「生きている」のではなく、「生かされている」自然のしくみに気づくはずです。

自分に感謝するとは、自然界の中で、無限の営みや可能性を感じることかもしれません。

病気にならない暮らし事典-自然派医師が実践する76の工夫-

より一部抜粋。

 

「解毒」について

 

我が家の白にゃん姉弟が掲載されています。

2017年猫めくり大賞を頂きました。

 

 

さとうみつろうさんが最近出版されたこちらの本↓

も面白い。

ある女性週刊誌で連載されていた記事を

まとめた本だそうです。

 

 

 

猫写真ランキングに参加しています。
 

にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ
↑「ポチッ!」

とありがとうございます。

 

あらいごま(黒) 80g   《京都へんこ山田製油》

 

 

 

「咳にレンコン」

 

 

赤い首輪。「羨望」

JUGEMテーマ:MIX猫

 

_DSC6970.JPG

 

ソラミに可愛い赤い首輪をしてあげたくって。

でもね、、

私、不器用でして。

 

でこれ、

一応作ったんです。

100均(セリア)の首輪とリボンを購入して

縫い合わせました。。

 

 

_DSC7040.JPG

 

で、ソラミに付けて見たんですが・・・。

イマイチ、ピンとこないです〜。。。

 

_DSC7033.JPG

 

 

で、ソラミのお母さん、ソラに付けて見たら!

あら!ぴったり、お似合いです!

 

「ふん、似合うでしょ!」ってな表情。

 

_DSC7035.JPG

 

「これは私のためにあるリボンだわねぇ〜!」って

言ってるようです。

 

 

日を改めて、

今度はダイソーへ!

 

_DSC7110.JPG

 

ダイソーには

た〜くさんのペット用首輪がありました。

 

その中からチョイス。

ソラミに似合いそうな首輪。

見つけたよ!!

 

満足そうな表情のソラミ。

今現在も着けてくれてます。

とっても嬉しそうです。

 

軽やかな鈴の音色が可愛らしいソラミです。

 


 

 

 

 

 

「羨望」(せんぼう)

 

「心病む」

「心(こころ)病(や)む」ではなく

「心(うら)病(や)む」と読みます。

 

これが「羨(うらや)む」の語源です。

 

昔の人は目でとらえる事のできない「こころ」「胸の内」のことを

「心(うら)」と表現しました。

 

「羨ましい」っていう気持ちが定着して

「思い癖」になってしまうと、本当に心が病んでしまいます。

 

「羨ましい」という気持ちの裏には、「不満」があります。

 

そんなマイナスエネルギーを日々せっせと蓄えていくと

心が病んでいきます。

 

 

「羨ましい」という気持ちが出てきたら、

素直にその人の素晴らしさを称賛する。それだけでいい。

 

どうしても羨ましいという気持ちが手放せなかったら、

その人を手本にして、

私は変わるぞ!という思考エネルギーに変換しましょう。

 

そのエネルギーは、必然的に「行動」へと繋がり、

何らかの「結果」を生みます。

 

その「結果」を「実感」することによって

「私は変われる」という「自信」を手にすることができ、

「変われる現実」を呼びます。

「変われる現実」の中で「行動」を続けると、

最終的に、「私は、変わった」と言える現実を

引き寄せることになります。

 

あの世に聞いた、この世の仕組みより

 

 

私の母は手芸は何でもこなしました。

そして、姉は漫画家志望な時期もあり、「絵」がとっても

上手でした。

 

なので、特に「手芸」と「絵」に対して

才能に長けている方にお会いすると

「羨望」の眼差しで見ている自分がいました。

 

少しでも私も出来たらいいなぁ〜と行動に移しては

挫折の繰り返しです。

でも、少しづつ、行動に移していけたら、

「私は変わった」という現実を引き寄せられるかも〜!

 

「解毒」について

 

我が家の白にゃん姉弟が掲載されています。

2017年猫めくり大賞を頂きました。

 

 

さとうみつろうさんが最近出版されたこちらの本↓

も面白い。

ある女性週刊誌で連載されていた記事を

まとめた本だそうです。

 

 

 

猫写真ランキングに参加しています。
 

にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ
↑「ポチッ!」

とありがとうございます。

 

あらいごま(黒) 80g   《京都へんこ山田製油》

 

 

 

「咳にレンコン」

 

 

手作り調理パン!!「着る」を考える。。。

JUGEMテーマ:美味しいもの

 

 

_DSC6919.JPG

 

今日はホームベーカリーでコッペパン風にして、

 

_DSC6943.JPG

 

調理パン風に。

こちらは焼きそばパン!

 

パンも焼きそばもホワホワ、あったかい!

 

_DSC6950.JPG

 

こっちも美味しそう〜〜って小梅ちゃん。

 

_DSC6947.JPG

 

こちらはポテトサラダパン!!

 

_DSC6945.JPG

 

普通のポテトサラダではありませんよ。

昨日、本に書いてあったものを参考にしたという主人。

 

ポテトサラダに擦りおろした生姜が入ってます。

これで身体の温め効果が期待できそうですね!

良いアイデアです。

味も美味しかったです〜!

 

 

 

内容紹介

がん細胞は35℃で活性化、39℃以上で死滅するといわれています。
また体温が1℃上がると免疫力は5倍アップするといもいい、

低体温が病気の源と認識されているため、
体温を上げるとどんな疾患に有効なのか、

具体的に上げる方法などを解説します。
体温があがれば代謝もあがり、

体も軽く健康に!食べ方と生活習慣の2面からアプローチします。

 

 

 


 

 

 

今日、この小冊子が届きました。

 

「着る」を考える。

 

「素材を着る」ということ、の項目が目に止まりました。

着るものが環境にとても影響してるって知っていましたか?

って。知りませんでした。。

 

米国の新聞社「NYタイムズ」が報じる所によれば、

化学繊維の繊維クズが海洋汚染の原因のひとつになっているというのです。

(2011年10月19日)

 

マイクロプラスチックと呼ばれる繊維クズは、大きさが1侈にのプラスチックの微粒子。

化学繊維の衣類一着を一度洗濯するたびに、約1900個の繊維クズが

排水されるそうです。

家庭から海へと流れ出したマイクロプラスチックは、魚がエサと共に、

体内へと取り込み、私たちの食卓へと戻って来ます。

 

ということでした。

洗剤は気をつけていましたが、、、

これから自然素材を購入するように心がけたいと思いました。

 

最近は「ごみ」の情報に反応します。

 

昨日、何気なく、radikoで、聞いた放送が

「野口健さん」とフォトグラファー吉田なぎさんのトーク番組でした。

 

「野口健 トークセッション in 東京」

 

野口健さんは世界中を周っている頃、海外の方に必ず言われる共通点があったそうです。

それは世界の山々で一番汚いのは「富士山だ!」と。凄いショックを受け、

それから、富士山を綺麗にしようと活動し始めたそうです。

 

 

そして、こちら

ゴミだらけのクタビーチをたった一人でひたすらゴミ拾いする日本人。

がいる!!

なんと、出身が義理兄と同じ!!

 

 

 

こんなに沢山のゴミ!!びっくり!!

宇宙の子マサ

本名、鈴木 博将。宮城県登米市出身。1985年生まれ。 

2008年より中国・内モンゴル自治区の沙漠にて植林活動を始める。

2013年に沖縄へ移住後、ほぼ毎日「海の大掃除」を続け、2年間で拾ったゴミは、約20万個(6.5トン)を超える。

「世界の海の大掃除」にチャレンジすべく、活動の場を世界に広げ、世界中の人たちと一緒に、

この星の「絶望」を「希望」を変えていく様子をブログ・Facebookで発信し、感動と勇気を与え続けている。

ブログ http://ameblo.jp/masa-universe/

 

 

最近は「ごみ」に関心が。。

そうすると、それに関連した情報が入ってくる。。

 

 

「解毒」について

 

我が家の白にゃん姉弟が掲載されています。

2017年猫めくり大賞を頂きました。

 

 

さとうみつろうさんが最近出版されたこちらの本↓

も面白い。

ある女性週刊誌で連載されていた記事を

まとめた本だそうです。

 

 

 

猫写真ランキングに参加しています。
 

にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ
↑「ポチッ!」

とありがとうございます。

 

あらいごま(黒) 80g   《京都へんこ山田製油》

 

 

 

「咳にレンコン」

 

ニコンD60

 

 

昨年末、このカメラを購入しました。

中古のニコンD60です。

以前、愛用していたカメラがこれでした。

 

数年前、欲しいカメラがあったので、D60を下取りに出して

新しいカメラを購入したのですが。

 

どうしても、D60がまた使いたくなりました。

中古と言ってもとっても美品に近くて、1万円ちょっとで購入できました。

 

また使えることになってとっても嬉しいです。

 

 

この日記にでてくる数年前の写真はほとんどが

D60と中古のレンズとかです。

 

 

この子はここに引っ越してきたばかりの時、

ご近所の飼い猫さんでした。

 

もう、ずっと見ていないです。

ふわふわで可愛い子でした。

 

 

この子は主人が保護しました。

今は実家で暮らしています。

 

 

この子は小さいころのまる君です。

以前住んでいた近くの神社に捨てられていました。

まだ、目が開いたばかりで見えない状態でした。

一度は低体温で危ない時もありましたが、

今はふっくらして健康そのものです。

みんなD60で撮った可愛い猫たちです。

 


 

 

 

今日、ちょこっとこの本を読む時間がありました。

 

その中から・・

 

「宇宙は自分が思ったことをそのまま反映する」

 

「楽しむこと」

自分のスキルアップに直接繋がる。

 

「自分が関心(情熱)を寄せたもの・こと」

に対して、その関心(情熱)の大きさに比例した能力を開花させていく。

 

「好き・楽しい」=「関心の高さ」

「嫌い・楽しめない」=「関心(情熱)の低さ」

何に関心を寄せているかで、世界が変わる!

 

ポジティブなものに関心を寄せれば、ポジティブなものを捉えるスキルが、

ネガティブなものに関心を寄せれば、ネガティブなものを捉えるスキルが上がっていく。

 

「幸せな人」=「良いと思うこと」に関心を寄せている。

「不幸な人」=「悪いと思うこと」に関心を寄せている。

 

 

「ラブ、安堵、ピース」

2月5日の日記の

 

近況報告 2

 

アウルズさんも、どうにかこうにか資金繰りのメドがたちまして、

先日、お陰様で増刷にこぎ着けることができました。

在庫切れや僕のサイン待ちなどで、

お送りするまで時間がかかってしまったことも、

改めてお詫び申し上げます。

 

とのことで。

本当に良かったですね!

 

 

「解毒」について

 

我が家の白にゃん姉弟が掲載されています。

2017年猫めくり大賞を頂きました。

 

 

さとうみつろうさんが最近出版されたこちらの本↓

も面白い。

ある女性週刊誌で連載されていた記事を

まとめた本だそうです。

 

 

 

猫写真ランキングに参加しています。
 

にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ
↑「ポチッ!」

とありがとうございます。

 

あらいごま(黒) 80g   《京都へんこ山田製油》

 

 

 

「咳にレンコン」

 

のらねこサビの子キリク。

JUGEMテーマ:MIX猫

 

_DSC5640.JPG

 

今年に入ってから、

素敵な本が届きました。

昨年、注文していた本です。

 

instagarmで交流させて頂いている方の

手作り自費出版本です。

 

数年前、写真雑誌でこの方の写真に釘付けになって。

 

 

 

「毛むくのプンク」

をネットで注文しました。

 

たまゆきさんの写真は本当にあったかい気持ちになります。

 

_DSC5641.JPG

 

こちらがたまゆきさんが一冊、一冊、手作りされた本です。

 

この本の主人公キリク君は産まれた時から後ろ両足が麻痺していました。

前足で元気に遊ぶキリク君が大好きでした。

 

この本の作成中、病気になったキリクくん。

 

_DSC5643.JPG

 

そして、

 

昨年秋、星になってしまいました。。。

 

 

_DSC5646.JPG

 

2年という短い生涯でしたが、

こうして、たまゆきさんの写真集を見ると、

幸せいっぱいだよ!って言ってるようで。。

 

もうすぐ私の父の4回目の月命日がきます。

キリク君と5日違い。

 

父が亡くなる5日前に星になったキリク君。。。

父を思い出すと一緒にキリク君を思い出すのです。

 

 

 

instagram@tamamewで会えます。

 

 

「解毒」について

 

我が家の白にゃん姉弟が掲載されています。

2017年猫めくり大賞を頂きました。

 

 

さとうみつろうさんが最近出版されたこちらの本↓

も面白い。

ある女性週刊誌で連載されていた記事を

まとめた本だそうです。

 

 

 

猫写真ランキングに参加しています。
 

にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ
↑「ポチッ!」

とありがとうございます。

 

あらいごま(黒) 80g   《京都へんこ山田製油》

 

 

 

「咳にレンコン」

 

大好きなビオラ。「体温を上げよう」

JUGEMテーマ:補完療法・自然療法

 

 

今日も春を感じさせてくれるほっこりした陽気でした。

大好きなビオラも、どんどん咲いてくれてます。

 

 

ポッキーも隼人も嬉しそう!

 

 

 

写真はサム。

ラッピング用のリボンを巻いて。

かっこいい!!

 

 

明日はまたまた真冬を思わせるような寒さに戻りそうです。

最高気温。1℃〜〜。。。。

 

 


 

冷えは万病の元です。

身体を温めてくれる食事をするように心がけたいと思います。

 

 

より。

免疫力アップには高体温をキープすることが肝心です。

特に冷え性のある人は、意識して体を温めてください。

体を温める食材を知り、うまく利用しましょう。

 

体を温める食材は主に冬が旬のものです。

 

かぼちゃ、さつまいも、里芋、ブロッコリー、小松菜などがおすすめです。

そのほか寒い地域でとれる鮭やレンコン、ごぼう、ジャガイモ、玉ねぎといった

根菜類も体を温める作用があります。

 

逆に控えたいのは、

トマト、きゅうり、なす、セロリなどの夏野菜です。

 

 

「解毒」について

 

我が家の白にゃん姉弟が掲載されています。

2017年猫めくり大賞を頂きました。

 

 

さとうみつろうさんが最近出版されたこちらの本↓

も面白い。

ある女性週刊誌で連載されていた記事を

まとめた本だそうです。

 

 

 

猫写真ランキングに参加しています。
 

にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ
↑「ポチッ!」

とありがとうございます。

 

あらいごま(黒) 80g   《京都へんこ山田製油》

 

 

 

「咳にレンコン」

暖かい日。「膝痛にはゴマが効きます!」

JUGEMテーマ:補完療法・自然療法

 

 

今日は天気予報通りに比較的というか、

仕事をしていたので、汗かくくらいに暖かい一日でした。

明日はもっとあったかくなりそう〜〜!!

 

 

こんな日はのんびり庭いじりでもしたくなります。

 

 

花いっぱいの季節が待ち遠しいですね!

 

我が家ではこの時期になると

水戸の偕楽園へ春を迎えに行きます!

 

水戸の梅まつり(2月20日〜3月31日頃/偕楽園・弘道館)

いよいよですね!!

 

梅の芳香と歴史の景勝地 偕楽園

にて開花情報を知る事ができます。

 

平成29年2月15日(水)現在、偕楽園にある梅のうち、

1165本(約43、4%)開花してるそうです。

 

 

「ひざ痛にはゴマを食べること」との伝言。「花園神社」と「ライヴ」と「猫」と!

↑の日記(1月22日)の日から

主人、父の言う通りに、毎日、ゴマを食べ続けました。

 

そして、もうすぐ一ヶ月になろうとしています。

 

膝痛はゴマが効くよ!と教えてくれた父のお言葉。

効果があったようです!!

 

両膝がとっても痛くて正座出来ない程でありました!が!!

今は正座が出来るようになり、片方の膝は完璧に痛みは無くなったそうです。

すっご〜〜イ!

父には感謝、感謝であります!!

本当にありがとう〜〜〜!!

 

「解毒」について

 

我が家の白にゃん姉弟が掲載されています。

2017年猫めくり大賞を頂きました。

 

 

さとうみつろうさんが最近出版されたこちらの本↓

も面白い。

ある女性週刊誌で連載されていた記事を

まとめた本だそうです。

 

 

 

猫写真ランキングに参加しています。
 

にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ
↑「ポチッ!」

とありがとうございます。

 

 

 

 

「咳にレンコン」

白鳥さん。「咳にレンコン」

JUGEMテーマ:補完療法・自然療法

 

_DSC6891.JPG

 

今日も良い天気でした。

時折、雪が吹雪いたりしてたけど、

段々、春を感じます。

明日は最高気温が10℃と嬉しい気候になりそうです。

 

 

DSC_0031.JPG

 

写真は約一週間前に撮った白鳥さん!

あと一ヶ月もしたら、シベリアへ旅立ってしまうので、

会えて嬉しいです!

 

DSC_0026.JPG

 

この真ん中の子。

ジィ〜〜ってこちらを見ていて親しみ感じる白鳥がいたんです。

 

DSC_0035.JPG

 

トコトコ寄って来て、

私の手からパンの耳を食べてくれましたが。。。

思いっきり、指を挟まれました。

すっごく痛かった!!

 

「咳にレンコン」

 

主人、一週間前から風邪を引きまして。

咳が止まらない。

 

で、

 

IMG_9183.JPG

 

こちらを買って見ました。

レンコンは喉に良いらしいです。

 

レンコンは喘息や咳の強い味方だそうです!!

レンコンは切った時に切り口が糸を引くものが良質で、薬効も高いようです。

 

特にレンコンの節に素晴らしい薬効が詰まっているそうです。

この喉飴も「節れんこんのど飴」と。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

で、「コーレン」という商品が前から気になっていました。

これはレンコンの節の粉末だそうです。

 

蓮根はひきしめる作用が強いので、

気管支の腫れをおさえ、咳が出やすい状態を改善してくれ、

加熱しても壊れにくいビタミンCを多く含んでいるので、

風邪の時にもいい食材だそうです。

 

コーレン(乾燥粉末)の効能

・湿った咳、陰性の水っぽい透明の痰が出るとき
・呼吸器全般によく、アレルギー性鼻炎、喘息、粘液の排出
・気管支喘息の方、妊娠中の方に
・喉がちくちくする時
・喉の腫れ
・痰きり、咳止め
・ステロイド吸入をやめたい方
・鼻炎の症状とつわりの予防に効く
・花粉症

 

 

 

 

 

 

<蓮根湯>

蓮根の搾り汁・水・生姜の絞り汁・塩ひとつまみで作る。
 

こちらの本に「蓮根療法」が紹介されてます。

 

 

「解毒」について

 

我が家の白にゃん姉弟が掲載されています。

2017年猫めくり大賞を頂きました。

 

 

さとうみつろうさんが最近出版されたこちらの本↓

も面白い。

ある女性週刊誌で連載されていた記事を

まとめた本だそうです。

 

 

 

猫写真ランキングに参加しています。
 

にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ
↑「ポチッ!」

とありがとうございます。