アレルギーは食事で治せる!?

  • 2018.06.20 Wednesday
  • 21:40

JUGEMテーマ:補完療法・自然療法

今日は、雨の一日でした。

お父さんはお庭にEMを楽しそうに撒いていました♪

おとうさん、先日、バス停でバスを待っているときのエピソードです。

もうひとり、清楚な女の方も待っていたので、

ちょっと声をかけたそうです。

放射能の話などを話していて、

その話の中で「ワクチンは効かないって聞いた事ありますか?」って

そしたらその清楚な女性は

「もちろんです!効かないことは知っています」と!!Σ(・ω・ノ)ノ!

色々話をしていたら、その女性はなんと!!

医療従事者でした!!

患者さんがワクチンを打つ方がいたら、こっそりとお話しをしてあげているそうです。

どうです?

あなたの固定観念が混乱していませんか?

iPhoneImage.png

数日前、とあるお店で頂いた小冊子。

遺伝子組み換えの記事。

遺伝子組み換えを使った場合、

使用していることを表示してはいけない義務があるのだそうです!!

安全性もわからずに遺伝子組み換えが行われているそうです。

他の遺伝子を無理矢理入れ込んでいるので、本来作られてはいけないタンパク質が作られたり

毒素が作られたりする可能性があるのです。

人の身体は不自然で人為的なものを分解する能力がないので

それを異物として認め、外へ出したいので、免疫システムが働き、攻撃しはじめます。

それがアレルギーとか自己免疫疾患とかガンなどの病気を引き起こす原因と

考えられます。

iPhoneImage.png

この記事を書いているこの内山先生、どっかで見たような〜?

そうだ!これです!!

「今、アレルギーが危ない」前編

アレルギー自体、存在しない。

花粉自体に問題がある。花粉が遺伝子的にも変性している。

有害物質を除外して、涙を流して流さなければならないもの。

それを西洋医学的には異常と判断する。

栄養状態・免疫状態を改善する。食事を改めることで改善される。

わざわざ炎症を誘発するような食べ方しかしていない。

炎症を抑制する。

具体的には、

砂糖・人口甘味料・添加物を避ける。

小麦粉を摂らないように意識する。

砂糖もの、抗生物質とか腸内を荒らすもの。

これが、免疫状態をさげる原因になる。

我々の身体に炎症が起こるようになる。

もうひとつは油。

オメガ6系の油

オメガ6系の代表は、大豆油やコーン油といった植物油に豊富なリノール酸。

  ちなみにサラダ油は、オメガ6系の植物油を精製したものだ。)

スーパーで売られている油はほとんどそういう油。

それを火を使う。みんなそれが炎症を誘発して

どんどんいろんな病気を誘発している。

目薬とか飲み薬を使っていると余計アレルギーがひどくなる。

ヘロインとかコカインとかと薬物構造は同じ。

抗ヒスタミン薬が主、もしくは強いものはステロイド。

これは成分的に言うと脳内神経伝達物質の生成物質。

これはヘロインとかコカインとかと薬物構造が類似。

だから眠くなる。

あれは精神薬の親戚だから。

飲んだときだけは、無理やり抑える。

人間の身体ってリバウンドする。

医学的にはダウンレギュレーションとかアップレギュレーションと言う。

体の構造が変わってもっと薬を飲まない限りもっと効かなくなる。

だからアレルギーの薬をずっと飲み続けてない限り悪くなっていく。

元を正すしかない!

腸の問題。

我々の腸は悪いものが入ってくると、

ミクロで穴が開いているような状態になって、

慢性的に腸が荒れた状態になる。

そうすると普通のものが入ってもそこから入り込んで

それがいわゆるアレルゲンになる。

本来生物的にはない。

今の人たちは何も考えずに、何でも悪いものを食べるから腸ボロボロ。

西洋医学はアロンパシー医学(対症療法)

本質的に病気を治すのではなく、「その場をしのぐ」ことを基本的な

姿勢にする医学。

緊急時には役にたつ。

現代病のほとんどは慢性的な病気。

慢性的な病気にその場しのぎとかただ麻酔させる薬を使っても

まったく解決しないどころか余計悪くなる。

抗がん剤なんて海外に行ったら

医者は全員「やりません」ていうくらいやらない

時代遅れの極致。

海外ではお金持ちであればあるほど

西洋医学以外の治療を選ぶ。

ガンはリバウンドする。

抗生物質を使っていたら効かない菌が出てくる。

枯葉剤使っていたり農薬使っていたら効かない雑草が出てくる。

ガンも同じようになる。

早期発見、検診は正しい? 嘘!

昔、欧米でも定期健診をしていたが、中止になった。

検診をした方が死亡率が高くなる事がわかったのでやめた。

法定検診を真面目にやっているのは世界で日本だけ!

町にいるお医者さんはこういうことは知らない。

EM菌がよくわかる映画が上映されます。

船瀬先生も出てる!!(≧◇≦)

内部被爆がゼロになる!!!光合成細菌とは?


人気ブログランキング

ネコ写真人気ブログランキングに参加しています。

応援ポチッ!

ありがとうございます。(人''▽`)♪

免疫力を高めよう!

海藻を沢山たべる!

昆布・わかめなどに含まれている多糖類にフコイダンがあります。

海藻を触ったときの「ヌルヌル」したぬめり成分のこと。

これが免疫力を高めてくれるとして注目されています。

特に昆布はがん細胞の自己消滅用のあるU−フコイダンが豊富です。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

...

powered by レシピブログ


ご訪問、ありがとうございます。
当サイトはリンクフリーです。

「女子カメラ vol.7」
に掲載されました。



「女子カメラ vol.9」にて
オリンパスE-420のモニターとして
参加させて頂きました。



「女子カメラ vol.13」にて
ニコンD300sのモニターとして
参加させて頂きました。



「ねこのこ vol.2」のネコブロコーナーに
掲載されました。





ホームセンターのコメリドットコム

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

101匹にゃんこ
101匹にゃんこ (JUGEMレビュー »)
レイチェル ヘイル
最高に大好きな写真集!!

recommend

recommend

recommend

【セール価格】メニにゃんEye 猫用 500mg×60包
【セール価格】メニにゃんEye 猫用 500mg×60包 (JUGEMレビュー »)
毎年、お世話になってます。助かってます。

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM