ネコトハナト・・・

たくさんの猫達と花と楽しい日々を・・・

ヴィーガンです。
お店はお休み中です。
市販キャノーラ油は「悪魔の油」??

JUGEMテーマ:健康

写真はソラオ!

小熊さんのようにふっくら、大きくなりました。

ソラ母さんのお子様です。

鼻の形はソラミそっくり。

性格はとっても良いのですが。。。

他の猫たちの遊びに夢中になりすぎて、

多分、本人は遊びのつもり?だと思うのですが、

相手の猫たちは怖い〜!って叫び出します。

なので、そんなサインが出た時は一定時間、ケージ生活をしてもらってます。(^-^;

・・・・・「市販のキャノーラ油は危険?その理由」・・・

ゴールデンウィークもあと数日。

さぁ〜。みんなでバーベキューパーティーでもと思っている

ご家族も多いかと。

なので、ここだけは気をつけてみんなで考えてみましょう〜!

って沢山集まった方々で

「ねぇ、ねぇ。どんな油、使っているの?」って

話題になったらいいなぁ〜って思って

この記事を書きます。

「キャノーラ油」って検索するだけで。

でるわでるわ。。「使ってはいけない理由」が・・・。!!

その中からひとつをシェア。

危険!市販キャノーラ油は「悪魔の油」

直ちに使うのをやめる理由。

↑こちらのリンク先をじっくり読めば、納得です!

キャノーラという名前の由来

生産国である「カナダ」とオイルを意味する「オラ」の組み合わせに由来。

菜種油とキャノーラ油は全くの別物!

カナダの菜種のほぼ95%が遺伝子組み換え技術

によって生まれた菜種(なたね)ですので、

日本で流通しているキャノーラ油も、

ほぼ100%に近く遺伝子組換え後の菜種(なたね)を使ってできた油だと言えます。

キャノーラ油は

「ヘキサン」と呼ばれる毒性溶媒が、

菜種から油を抽出するために使用されます。

GMO作物(遺伝子組み換え作物)がなぜ怖いかと言うと

↑の実験で明らかであります。

遺伝子組み換え作物で世界の90%のシェアを持つM社 
モンサント社はベトナム戦争で使用された枯葉剤を製造した会社です。 
戦争後は牛成長ホルモン剤、除草剤の「ラウンドアップ」、遺伝子組み換え(GM)作物などで事業を拡大。

世界で一番遺伝子組み換え食品を食べているのは日本人!

市場に出回る危険な遺伝子組み換え作物の実態

↑を読んで下さい。

猫写真ランキングに参加しています。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ

| comments(0) | trackbacks(0) |









http://popocat.jugem.cc/trackback/2261
page top   

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
CATEGORIES
CATEGORIES
...


ご訪問、ありがとうございます。
当サイトはリンクフリーです。

「女子カメラ vol.7」
に掲載されました。



「女子カメラ vol.9」にて
オリンパスE-420のモニターとして
参加させて頂きました。



「女子カメラ vol.13」にて
ニコンD300sのモニターとして
参加させて頂きました。



「ねこのこ vol.2」のネコブロコーナーに
掲載されました。





ホームセンターのコメリドットコム
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS