「柵(しがらみ)」「あの世ってどんなとこ?」

JUGEMテーマ:MIX猫

 

 

 

今日は思いがけない雪!!

寒かった〜〜。。

会津地方はもっと降ったそうで。

こんなの大した事ないない。と思うけど、、

寒かった〜〜〜。。。。

ここ数日の温度差がこたえます。

 

 

 

「柵(しがらみ)」について。

写真は小梅ちゃん、大好きなねこじゃらしを離さない。

絶対離さない〜〜!って。。

そのうちにみんな美味しいカリカリ食べちゃてなくなっちゃうよ〜〜!

 

雲黒斎さんのブログの記事が素晴らしいのでコピペ!

 

「柵」と書いて、なんと読む?

 

人生のあちらこちらでまとわりつく、

「世間のしがらみ」「お金のしがらみ」「人間関係のしがらみ」。
この「しがらみ」を、漢字にすると「柵」となります。
辞書でひいてみると、こんなかんじ。

しがらみ【▽柵/×笧】
 水の勢いを弱めるため、とどめるため、川の中にくいを打ち並べて、木の枝や竹などを横に結びつけたもの。
2 引き留め、まとわりつくもの。じゃまをするもの。「世間の―」


(1)の意味から転じて、人生の流れにまとわりつき、

とどまらせるものを「しがらみ」というようになったそうです。


「さく」は、水流を弱め、とどまらせる。

では、「しがらみ」は、何を弱め、とどまらせるのでしょう?

それは「愛」です。



「わたし」と「私以外」の間にある「見えない柵(さく)」が、愛の流れを弱め、とどまらせてしまう。

『愛し、愛されたい』と願う、「わたし」と「あなた」があるからこそ、

愛の流れが感じられないというジレンマ。


「わたし」と「私以外」の間にある「見えない柵(さく)」が、

消えた時(もともとないことに気づいた時)、
「愛する者」と「愛される者」は同時に消え、

そこには「愛の流れ」そのものが残ります。
 

 

 

 

あの世に聞いた、この世の仕組み

 

の著者、雲黒斎さんは、

雲黒斎氏は、広告代理店のサラリーマン時代に

セロトニン欠乏で記憶障害(うつ病の一種)になります。

その治療をきっかけに、突然霊的に目覚め、守護霊様と交信が可能になりました。

そして、守護霊様のアドバイスを受け人生を立て直していった、という感じなんですね。

もともと、スピリチュアル的なものは全然ダメだった雲黒斎氏が、

うつ病治療の薬で守護霊様と交信できるようになった。

   『あの世に聞いた、この世の仕組み』 / 雲黒斎守護霊様が真理を語る  より

 

この本を読んだ時には、感動ものでした。

本当にそうだとしたら??と。。

きっとそうに違いない!

 

そしておとといのお好み焼き屋さんで、

主人を通してあの世の父に聞いてみたよ。

 

私:「あの世ってどういうとこなの?」

父:「この世と全く同じで大抵の人はこの世と同じようなことをやっている。

   だけど、簡単に出来ちゃうからそのうちにつまんなくなって飽きてしまう」と!!

 

 

おお!!同じことを言っている!!やっぱり!!そうだったんダァ〜〜〜!!

 

 

 

5度の臨死体験でわかったあの世の秘密

の著者小林健先生も言っていた!

あの世はなぁ〜〜んでも簡単に出来ちゃうからつまんないって。

 

この世は、なかなか出来ないから出来た時の感動と達成感が得られる。

だから、みんなもう一度、この世に生まれてきたくなるんだって。

 

だからね、皆さん、ここは遊園地だと思って大いに楽しみましょう〜って!

 

 

◎ゆきちゃんを応援してください。

 

 

「解毒」について

 

我が家の白にゃん姉弟が掲載されています。

2017年猫めくり大賞を頂きました。

 

 

さとうみつろうさんが最近出版されたこちらの本↓

も面白い。

ある女性週刊誌で連載されていた記事を

まとめた本だそうです。

 

 

 

猫写真ランキングに参加しています。 
 

にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ 
↑「ポチッ!」

とありがとうございます。

 

あらいごま(黒) 80g   《京都へんこ山田製油》

 

 

 

「咳にレンコン」

 

 

 

コメント

江原さんも同じこと言っていましたね。あちらは、こちらの世界とよく似ていると・・・。旦那様、すごいですね。お父様が亡くなっても近くに感じられて寂しくないですね( ´∀` )うちのパパもいきなり話し出すといいなぁ〜。それはそれで怖いか・・・(^▽^;)

先代の子が、亡くなってから不思議と4のゾロ目を見るのです。時計を見ると〇時44分とか、1時間おきに見たり。4のエンジェルナンバーの意味を調べたら天使が見守ってくれているような意味だったので、亡くなった子が見守ってくれているのかな?と思っています。
その子が亡くなったのは、4日、父が亡くなったのも4日。う〜ん、やはり4は何かあるかもって感じなんです。父も来てくれてるのか?とも思います。
父が亡くなって、まだ49日が過ぎてない時に辛いことが合って、「お父さ〜ん、もうやだよ〜!」と思いながら夜中に泣いてた時に、携帯の着信音がしたんです。非通知ですぐに切れましたが。あれは、絶対父が慰めてくれたのだと信じています。
昨日のコメントのアメリカのスピ系の方のブログはこちらです。

http://www.makiko-nyc.com/hello/

アニマルコミュニケーション、ライブセッション型の方にお願いしたんですが、本当にその子とお話している感じで満足度が高かったです。
お世話になった獣医さんのお友達で、セッション料金を保護団体に寄付なさっている優しい方です。
必要であれば、その方紹介しますので言って下さいm(__)m

  • 虎太朗ママ
  • 2017/03/09 09:45

何度もすみません。
先程紹介した、アメリカのスピ系の方のブログからトップページに行くと、最近のブログが拝読できます。今、気が付きました。
アメリカはホリスティック医療の考え方が進んでいますし、勉強になります。
日本なんて、がん治療が20年遅れているとか言われていますよねぇ。
うちの母もコレステロールとか高血圧の薬(心臓病の為)飲まされていますけど、副作用で数年後の痴呆の心配があります。でも、今までかかった医師はみんな、飲まないと死ぬとか言いますし。自己判断で薬をやめるのも怖いから、結局そのままです(-_-;)

  • 虎太朗ママ
  • 2017/03/09 10:00

岡牧子さんのHP、すごいです!
素晴らしい方を紹介してくださってありがとうございます!!
ブログの内容もどれも興味があるものばかりです。
エンジェルナンバー、最近、知りました。
ある日、すれ違う車のナンバーがゾロ目ばっかりだったので、
これは変だぞ!ということでネットで調べたら、エンジェルナンバーの
ところへ。
お父様、しっかりと虎太郎ママさんを慰めてくれてます!
私が悲しんだりしていると、主人を通してメッセージを。
先日も「小さい頃から泣き虫だな」って。(^_^;)
日本の医療は本当に相当遅れているそうですね!!
虎太郎ママさんのおっしゃる通りです!!

  • 虎太郎ママさんへ
  • 2017/03/09 21:54
トラックバック
この記事のトラックバックURL