くさぼけの実

JUGEMテーマ:健康



二階組の幸(ゆき)ちゃんです。
相変わらずの警戒心!
笑って。。

保護した当初からこうでした。
大好きだよ!って言っても「寄らないで」って。。
お母さんとお兄ちゃんはとってもフレンドリーなのにね〜。

・・・・・・

今日、これを見つけましたよ。



「くさぼけ」の実だそうです。
ボケの実なんだとか!
とっても、と〜〜っても良い香りがします♪

科名:バラ科/属名:ボケ属
和名:草木瓜/生薬名:木瓜(もっか)/学名:Chaenomeles japonica
本州、四国、九州の日当たりのよい丘陵地に自生。日本特産種


薬効・用い方 有効成分は、リンゴ酸、クエン酸、酒石酸などの有機酸が多量にある

強壮、鎮徑(ちんけい)、鎮咳(ちんがい)、利尿(りにょう)薬として下肢(かし)の筋肉の疼痛(とうつう)、脚気(かっけ)、胃痙攣(いけいれん)、暑 気当たりによる筋肉のけいれんなどにもちいます。
和木瓜(わもっか)を刻み、1日量5〜10グラムとして煎じ、1日3回に分け、食間に服用します。

クサボケ酒:9〜10月頃に 採取した果実500グラムを水洗いして、よく水を切り縦横に6〜8片に刻み砂糖200グラムを加えて、ホワイトリカー1.8リットルに漬けます。1〜2ヶ 月でも飲めますが、本熟成には6ヶ月程熟成させます。
クサボケ酒の色は黄金色に仕上がり、酸味と香りが見事な薬用酒になります。疲労回復や慢性リューマチに、1日2回さかずきに1〜2杯飲みます。

エキス:クサボケの果実で作った、リンゴ酸エキスを1日0.3〜0.5グラム服用。貧血症、強壮、疲労回復、補血、不眠症に。

浴湯料:果実の煮だし汁を風呂に入れる。リューマチ、筋肉痛、冷え性、不眠症、疲労回復などに。

和木瓜(わもっか)(果実を2〜3片に切ったもの)には、多量のリンゴ酸が含まれるために強い酸味があります。和木瓜(わもっか)は、リンゴ酸鉄エキスの 製造原料になります。

 

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表より抜粋

 

人気ブログランキングへ
ネコ写真 ブログランキングへ


ヴィーガン ブログランキングへ