明日は肉の日。

JUGEMテーマ:健康

 



人気ブログランキングへ

参考になったよ〜って思われた方は

こちら↑をポチッとありがとうございます。(⌒∇⌒)

 

 

 

 

 

2010年2月10日撮影。

この子は数回我が家に来た子です。

首輪をしていたので、優しい飼い主さんがいるのだと思います。

 

 

・・・・明日は肉の日・・・・

 

さて、

昨日の記事を見て、そうかなぁ〜?って思っている方、

多いでしょう。

私も以前はそうでした。

そう!肉が大好きだったからです。

それも唐揚げは大好物で山盛り食べていたのですから・・・。

 

 

 

「唾液のPH」からわかることは。。。

 

「なぜ肉食がいけないのか」

 

 

菜食で平和を! (veggy Books)

 

より。。。一部抜粋。

 

肉食獣の唾液は酸性です。(肉を溶かすため)

ヒトの唾液はアルカリ性です。(穀物を溶かすため)

 

これらの事実はすべて、私達人間が肉食をするのがいかに不自然なことかを物語っている。
肉食をしている人は、必ず肝臓と腎臓が悪くなり、

自律神経の機能も大幅にくるってしまいます。
それは胃腸と肝臓が特に密接な関係をもっていて、

胃腸が弱くなる条件下では、

肝臓も多かれ少なかれ障害を起こしているからです。
消化という作業は、胃腸には大きな負担をかけています。
ただでさえ負担がかかるのですから、肉食をすれば胃腸への負担はその何倍もかかってくるでしょう。

 

 ”人は植物によって生かされています”

 

植物の緑、即ち葉緑素は成長であり、繁栄であり、

健康であり、平和であり、そして赤い血の根源です。

植物の炭水化物は体内でタンパク質に変わり、私達は植物から生きる力の元となる生命エネルギーをもらって生きている

という事を忘れてはいけませんよ。 

 

 

人間はもともと草食動物です。

 

動物も植物も人間も同じ命(釈迦)

 

歴史上の偉人、成人、著名人はほとんどが菜食者(ベジタリアン)であります。

その筆頭はお釈迦さまです。

仏教では「不殺生戒」を説きます。

つまり、生き物を殺してはいけない、という教えです。

釈迦は弟子や信者たちにこう諭していたそうです。

「狩猟を業としたりや、武器・生き物・肉。毒などを商ってはなりません」

「動物も植物も人間もみな同じ命である。

優劣などはない。すべて宇宙の無数の一部であり、宇宙の采配なのである。」

そこには、宇宙万物の慈愛がありました。

釈迦の食事は、菜食でさらに一日一食でありました。

菜食で平和を! (veggy Books)より。

 

 

 

最終決着 ――「肉食」vs「菜食」

やっぱり、食べてはいけない

 

WHO(世界保健機関)が肉の発ガン性を警告!!

 

 

 

 

交通事故に遭った動物を見つけたら。。。

 

 

 

野生動物を見つけたら・・・「無駄な努力はない」

WHO(世界保健機関)が肉の発ガン性を警告!!

 

猫写真ランキングに参加しています。

 

にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ
↑今日も「ポチッ!」とありがとうございす。(*´▽`*)

 

 

 

我が家の白にゃん姉弟が掲載されています。

2017年猫めくり大賞を頂きました。