猫風邪が治ったよ!初めて作った「生甘酒」

JUGEMテーマ:補完療法・自然療法

 

 

↑猫写真ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援、ありがとうございます!

 

 

今日は朝からどんよりとした天気。

午後からは雨になりました。

 

 

IMG_9381.JPG

 

本を読んでいてふと、

横を見てみると!

 

旬くんがこんな風にして寝ていました。

可愛い〜〜!!

 

すっかり大きくなって少年から青年になったようです。

 

IMG_9391.JPG

 

あ!起きたようです。

おはよう!

 

ハンサムだねぇ〜。。。

 

IMG_9389.JPG

 

小さいころはふっくらして長毛になるのかなぁ〜って思ってたけど、

すっきりスベスベの短毛種に落ち着きそうです。

 

ブライアンも期待に反して(?)、整った顔立ちになってきました。

 

 


 

 

 

 

さて、先日、生まれて初めて購入した「壮快」

この中に気になる記事がありました。

 

IMG_9402.JPG

 

 

「生甘酒」です!

今まで、豆乳甘酒や玄米甘酒は作ったことがありましたが、

「生甘酒」??

「生」って?

 

で早速作って見ました!(主人が)

 

 

作り方は炊飯器とかヨーグルトメーカーとか色々ありますが、

 

IMG_9403.JPG

 

 

 

我が家はシャトルシェフで作りました。

 

 

 

 

出来上がってびっくり!

甘さが優しく美味しいです!!

 

材料は乾燥(もしくは生)こうじと水だけです。

 

 

玄米の麹にしてもいいかも〜。

 

 

この本が売っているみたい!

「食べる甘酒で病気が治る!」

 

 

本当い美味しい甘酒になります。

 

冷え性、花粉症、抜け毛、便秘、アトピーを改善だそうです。

 

生甘酒に含まれている植物性乳酸菌は遺産や胆汁酸に強く、

生きたまま、小腸まで届きます。

生甘酒に含まれるオリゴ糖は吸収されずに腸まで届き、そこで、善玉菌のエサとなって

腸内環境を改善するのです。

 

腸内環境がよくなると、善玉菌が酪酸を生産します。

酪酸は腸の蠕動運動を活発にして便通を促し、便秘解消に役立ちます。

 

生甘酒はビタミンの宝庫!

 

タンパク質、脂質、糖の代謝、肌や髪、神経伝達物質、

ホルモン合成に欠かせないビタミンB群が豊富。

 

昔から食べられてきた甘酒は日本人が日本人に合うように作りあげた

素晴らしい食品。

 

 

 

「解毒」について

 

我が家の白にゃん姉弟が掲載されています。

2017年猫めくり大賞を頂きました。

 

 

さとうみつろうさんが最近出版されたこちらの本↓

も面白い。

ある女性週刊誌で連載されていた記事を

まとめた本だそうです。

 

 

 

猫写真ランキングに参加しています。 
 

にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ 
↑「ポチッ!」

とありがとうございます。

 

あらいごま(黒) 80g   《京都へんこ山田製油》

 

 

 

「咳にレンコン」

 

1