化学物質過敏症・・・?「手作りせっけん大好き」

JUGEMテーマ:健康




人気ブログランキングへ

写真は2年前の2月に撮ったおとぼけさんです。

今はどこで何をしているのでしょう?

この個性的な風貌と愛嬌のある仕草、

全身から湧き出る癒しでみなさんを癒してくれてありがとう!

先月撮影したソラミ。

愛嬌の良さではおとぼけさんに負けていませんよ〜♪

おしゃべりで甘えっ子で

寂しがりやで

いつも撫でて、撫でてってついてくるソラミ。

赤い首輪がとっても似合ってるね!

・・・・・「化学物質過敏症」・・・・・

私の身体。

なんとなく、普通ではないなぁ〜って思いはじめたのは、

中学一年生の頃から・・・

最初は、母の使っている化粧水でカブレて、

市販の風邪薬で発疹が出て、

みんなが普通に使っている食器洗い洗剤で主婦湿疹のようなひどい痒み。。

化繊の服は10分も持ちません。。。

勿論、化粧も。。

そして、6年ほど前に

「それって化学物質過敏症って言うんだよ!」

って姪っ子に教えてもらいました。

へぇ〜。。

化学物質過敏症っていう病気なの?かなぁ〜。。

なんて、軽く思って過ごしていたのですが。。

市販のCMで楽しそうに宣伝している石けんとかも体に合わないので、

自分で作っちゃえ!

って手作りせっけんの本に出会い、

作るのが大好きになりました。

作り始めて10年以上になります。

この寒い時期は作るのに最適なんです。(⌒∇⌒)

モールドの型に流したりと楽しいです。

これだとカブレる事もないし、

環境にも良いし、

今回はEM菌も沢山入れました。

使ったあとも排水を浄化してくれます。

身体にも環境にも良い石けんの出来上がりです。

最近は着る服にも意識が向いてきて、

「うさとの服」の着心地の良さに出会い、

この本を購入して読んでいましたら。。。

P13に興味深い内容が記されていました。

一部抜粋。

服の役割は食べ物と同じなのです。

今、マクロビオティックやオーガニックに注目が集まっています。

そういう食事をしている人は新陳代謝がよくなるし、自然素材の服を着ている人は、

皮膚呼吸が活発になると思います。

人間が皮膚から吸収するものは実際はすごく多いんじゃないかな。

水や空気や太陽の光・・・外界のあらゆくやりとりを、

皮膚をとおして続けているはずです。

その大切なセンサーである皮膚に、二十四時間密着しているのが服なんです。

ところが、ポリエステルやナイロンなどの化学繊維で織られ、

化学染料で染められている衣服は、汗を吸いにくく、

皮膚呼吸もうまくいきません。

そういう服をずっと身につけていると、

皮膚の感覚やからだ本来の機能がどんどん失われていきます。

化学物質アレルギー体質の方は、

からだが先に気づいて教えてくれるんです。

↑ここ!

私の身体は!

危険を教えてくれていたんです!!\(^o^)/

自分の身体に感謝、感謝!!

iPhoneImage.png

おとといのクラシックギターコンサートの事が、

今日の民報に掲載されています〜!(≧▽≦)

すごいですねぇ〜

井上仁一郎さん。

機会がありましたら、

是非、生の演奏を聴きに行ってみてください!(^▽^)/

jin1inoue|井上仁一郎 OFFICIAL WEBSITE

交通事故に遭った動物を見つけたら。。。

野生動物を見つけたら・・・「無駄な努力はない」

WHO(世界保健機関)が肉の発ガン性を警告!!

猫写真ランキングに参加しています。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ
↑今日も「ポチッ!」とありがとうございす。(*´▽`*)

我が家の白にゃん姉弟が掲載されています。

2017年猫めくり大賞を頂きました。