ネコトハナト・・・

飼い主様が健康で幸せになることが、
猫さんたちの幸せにつながるのですね。。

現在
お店はお休み中です。
猫に手作りのごはん。

 

↑応援して頂けると嬉しいです。(#^.^#)

 


 

今日の茶太郎くんです。

昨年の今頃は腎臓疾患で危うい日々を過ごしていました。

あれから、再発することなく、とっても元気に過ごしています。

 

 

 

食べられない時期があった影響か、

食べたいという欲求が強くなりました。

 

 

iPhoneImage.png

 

あれからほぼ毎日、みんなのごはんは手作り食です。

それが良かったんだと思います。

他にサムや葉っぱんなど、おしっこが出ない事が続けてありましたが、

手作り食のおかげでしょうか。

みんな正常を維持しています。

 

iPhoneImage.png

 

手作りジュースで出来た細かい野菜なども活用しています。

 

 

 

↑の本のP66

 

私達の経験では、

チェルノブイリでは放射線量が

毎時0.08μシーベルトを超える子どもたちは

なんらかの身体症状があらわれていました。

鼻血や頭痛、めまいなどから始まり、呼吸器系、あるいは消化器系や皮膚病など、さまざまな病気にかかりやすくなります。

 

とあります。

 

0.08μシーベルトで症状が出る値なんだ!と驚きました!!

 

今現在の日本の空間線量基準値は、

0.23μシーベルトです!

 

国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠

↑のページ。

 

およそ三倍の数値です!!

 

小さな体のお子様、ペットは大人よりももっと影響を受けているはず。

我が家の猫達も震災後、かなりの子たちがなんらかの病気の症状が出ていました。

 

 

iPhoneImage.png

 

なるべくなら外食や加工品を控えて、手作りの心のこもった食事を与えましょう。

ペットも家族です。

 

自然に近い食材を与えると体は元気を取り戻してくれます。

茶太郎から気づかせてもらいました。

 

尿路結石の療養食を与えても

根本的な食事の改善なくしては、また再発してしまうのだと

実感したのです。

それは、今の医学にもあてはまります。

 

薬を処方されても、日々の食生活を見直さなければ、

根本的な改善にはならないと。。。

 

なぜ、病気になったのでしょう。

それは誤った食生活をしていたんだと気づくこと。

 

手作りの食事を心がけているだけでもちゃんと放射能対策に繋がっています。

 

 

 

 

◎放射能の解毒について

◎放射能の解毒のまとめ

ホタテ洗い放題

 

 

https://livedoor.blogimg.jp/imoko_/imgs/8/e/8e51ea35.jpg

 

ネコトハナトのねこたち。

春の庭とねこたち。

更新しました。

 

 

 

↑応援して頂けると嬉しいです。(#^.^#)

 

◎ラウンドアップは使わないで!!

 

 

にほんブログ村 写真ブログ ペット写真へ
↑にほんブログ村へ応援ぽちっとありがとうございます!!

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) |
page top   
1 / 12 pages >>

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
CATEGORIES
CATEGORIES
...



ご訪問、ありがとうございます。
当サイトはリンクフリーです。

「女子カメラ vol.7」
に掲載されました。



「女子カメラ vol.9」にて
オリンパスE-420のモニターとして
参加させて頂きました。



「女子カメラ vol.13」にて
ニコンD300sのモニターとして
参加させて頂きました。



「ねこのこ vol.2」のネコブロコーナーに
掲載されました。





RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS