ネコトハナト・・・

たくさんの猫達と花と楽しい日々を・・・

ヴィーガンです。
お店はお休み中です。
「危ないペットフード 」「イチロー! 」「大切な塩」



iPhoneImage.png

今日の茶太郎くんです。

すっかり良くなりました。

でも、安心はできません。

一度、腎臓を危険な状態にしてしまったわけです。

消化の良い、エサを与えています。

 

 

iPhoneImage.png

ここ数日、姿を現さなかったズビ。

昨日の朝、保護しました。

衰弱しているようで、部屋の中で介護中です。

エサも受け付けなくなってたのですが、

今日の朝からEM・Xゴールド入りの猫ミルクを

飲んでくれるようになりました。

おしっこの色が異常に黒いのにびっくり。

何か変なものでも食べたのか?

解毒してくれますように。

 

「ズビ」って名前から力強い「イチロー」に改名!

昨日から「イチロー君!」って呼んでます。(^▽^)/

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png
ボブの部屋にいるのです。

ボブは良い子です。

大人しく見守ってくれてます。

・・・・・「愛猫」「愛犬」が食べてはいけない「ペットフード第二弾」・・・・

 

 

iPhoneImage.png

最近、発売された週刊新潮!(向かって右)

 

 

iPhoneImage.png

「愛猫」「愛犬」が食べてはいけない「ペットフード第二弾」です!

 

想像してみてほしい。

あなたの家族の一人が、3食365日の食事をコンビニ弁当に頼っていたら・・・

 

どれだけ、健康に無頓着な向きでも、さすがに止めるのではないだろうか。

添加物や栄養の偏りのリスクが高くなる事を説明して。。。

 

いささか乱暴な喩え(たとえ)だが、日本に1800万頭を数える犬猫の、

飼い主の多くは、これと同じことを

「我が子」に強いていると言ってよい!

 

手作り食を与えられるほど、時間的、金銭的に余裕のある飼い主はいないはず。

だから尚更、飼い主はその中身をよく知っておく必要があるのではないか。

 

 

iPhoneImage.png

 

BHAとBHT。これが添加されている食品は避けたほうが良いでしょう

 

BHT・BHTの二つは発がん性などの危険性が指摘。

人間はもちろん、ペットフードにも使用を控えるべき危険な物質。

 

オーストラリア・カナダ・イタリア・スイスなどの国では

ヒトの食品への添加物は許可されていない!

 

そのうちのひとつプロビレングリコール

これは保湿剤として用いられている。

猫に用いると赤血球の破壊を引き起こす添加物です。

「安全法」では猫への使用は全面禁止!

それゆえ、キャットフードには入っていないが、

セミモイストタイプのドッグフードに入っている!?

犬への危険性も危惧されている!!!

 

愛犬・愛猫も家族の一員と意識を持つならば、

是非とも、製品をレジに持っていく前のこの「点検」を

習慣化させたいものである。

雑誌から一部抜粋。

 

詳しい内容は本屋さんにて週刊新潮を買うべし!!

 

 

iPhoneImage.png

我が家のある日の手作り食です。

野菜は軽く、ボイルするだけ、

 

 

 

これで細かくしてます!

 

 

 

・・・・・・・・・・

 

拝啓、飯山一郎さま。

ズビの改名は飯山一郎先生の「イチロー」から頂きました。(#^.^#)

元気いっぱいになってくれることでしょう。

 

 

 

 

の中に

「塩は命の源」の項目がありますね。

 

地球上の生命体はすべてが海から生まれています。

ウイルスを除くすべての生命体は、細胞膜があります。

その細胞膜を作る最も重要な原子が塩化ナトリウム(NaCL)です。

まさに塩は生命であり、生命とは細胞の中の遺伝子やミトコンドリアをです。

細胞内のさまざまな器官や器質に酸素や水が入り、酸化した物質は外に出される。

インプットとアウトプットが自動的に繰り返されながら、増殖していく。

これが生命の根本定義で、その根本が塩です。

したがって、塩は大切な元素です。

 

これを日本では、明治時代の後期から専売公社という組織が

海水から塩を作り始めるようになります。

その塩は純粋に99.9%の精製塩です。

塩化ナトリウムだけを摂取していると、体内に塩化ナトリウムが蓄積します。

海水というのは塩化ナトリウムが3パーセントありそれ以外にも

実はマグネシウム(Mg)とカリウム(K)が入っています。

マグネシウムとカリウムがあれば、体内に蓄積された余分な

塩化ナトリウムを外に出してくれるわけです。

塩化ナトリウムだけを摂取しているから、体内に溜まったまま、

脳溢血などの病気の原因になるわけです。

 

 

 

また暑さが戻ってきたようです。

「塩の大切さ」を感じます。

 

 

飯山先生、

ようは、このような事ですよね。

 

【精製塩の害、危険性】必須微量ミネラルを取り除いた精製塩が健康を破壊していく。塩=悪を作った2つの誤解について

 

それは「塩」ではありません

食卓塩は本当の塩ではありません

精製塩は加工された工業用のただの化学製品(実験用)
口にすればただの有害なものです

本当に体に良い塩は「海塩」です

より。。

 

 

 

 

奇跡の塩「ぬちまーす」とは?効果効能とおすすめレシピ

 

飯山先生がお勧めしているこの塩。

今度購入してみますね!(^^)/

 

 

自分の身は自分で守ろう!

 


人気ブログランキングに参加しています。

ぽちっとして頂けると嬉しいです。

ありがとうございます。

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) |
page top   
1 / 3 pages >>

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
CATEGORIES
CATEGORIES
...


ご訪問、ありがとうございます。
当サイトはリンクフリーです。

「女子カメラ vol.7」
に掲載されました。



「女子カメラ vol.9」にて
オリンパスE-420のモニターとして
参加させて頂きました。



「女子カメラ vol.13」にて
ニコンD300sのモニターとして
参加させて頂きました。



「ねこのこ vol.2」のネコブロコーナーに
掲載されました。





ホームセンターのコメリドットコム
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS