猫に感謝。「自分に感謝。」

JUGEMテーマ:MIX猫

 

今日は2月22日!

そう!

「猫の日」ですね!!

 

 

猫との初めての出会いはこの二匹だそうです。

 

というのは、私がとっても小さい頃だったから

あまり覚えていませんが、

向かって右側の猫だけはしっかりと覚えています。

 

共働きの我が家には、

学校から帰宅するとシーンと静まり返って、

とっても、寂しい空気が流れていました。

でも、向かって右側の猫、ミミが私を迎えてくれてました。

雷の日も悲しい日も、

仕事から帰ってくる母を一緒に待っていてくれました。

 

なので、猫の存在は大きいく、

とっても、感謝しています。

今は沢山の猫たちに囲まれて幸せです!

 

 

 

「病気にならない暮らし辞典」より

 

「自分に感謝」

 

この地球上のすべての生物は、人も動物も植物も微生物も

さらには鉱物などの生物以外のもの含めて、地球の分身であり、

兄弟であり、すべてが循環して繋がっています。

どれが上、どれが下もない、

同じ地球の一部で、それぞれの役割の違いがあるだけなのです。

人以外のすべての生物は、自然に沿って生きています。

人だけが高度な知能をもち、他を支配してもいいというのは、

極めて傲慢な考えであり、その結果ゆえに多くの人が病気になっていくのです。

 

つまり、病気にならない心とは、これらのすべてのものの役割を認め、

感謝する心ということになります。

まずは自分に感謝しましょう。

特に日本人は、これができていない人がとても多いように感じます。

自己を犠牲にすることがいいことのように教えられて来た人が

多いせいかもしれません。

もちろん、そのような考えは尊い一面でもありますが、

自分を縛るような思い込みも、病気になる大きな要因になっています。

自分すら感謝できない、愛せない人がどうして人に感謝することができるでしょうか?

自分を追い込む傾向の人は、

自分を解放し、自分に感謝してみましょう。

自分を取り戻せるもの、ことはなんですか?

そして気持ちいいと思うものの中に、ゆっくり身をおいてみましょう。

私たちの体は、無意識に心臓が動き、呼吸をしています。

「生きている」のではなく、「生かされている」自然のしくみに気づくはずです。

自分に感謝するとは、自然界の中で、無限の営みや可能性を感じることかもしれません。

病気にならない暮らし事典-自然派医師が実践する76の工夫-

より一部抜粋。

 

「解毒」について

 

我が家の白にゃん姉弟が掲載されています。

2017年猫めくり大賞を頂きました。

 

 

さとうみつろうさんが最近出版されたこちらの本↓

も面白い。

ある女性週刊誌で連載されていた記事を

まとめた本だそうです。

 

 

 

猫写真ランキングに参加しています。
 

にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ
↑「ポチッ!」

とありがとうございます。

 

あらいごま(黒) 80g   《京都へんこ山田製油》

 

 

 

「咳にレンコン」