牛を養う穀物で10倍の人が養える!

JUGEMテーマ:MIX猫


Nikondf/Ai AF Nikkor 50mm F1.4D
痩せっこのさくらちゃん。
心配している主人は昨日、サンマを購入。
さくらに食べさせるためらしいです。

夜、美味しそうに焼きあがったサンマをまず、さくらに。
そして、猫達みんなに分けててあげました。

みんな大喜び!

猫って肉食。本当に美味しそうに食べてましたよ。

・・・・・
所で人間って何食??
実は穀物菜食なのだそうです。
歯の構造を見てみると一目瞭然。
猫のように牙がありませんね。
それに爪の形も尖がってないわ♪

それが、今の栄養学では肉は食べなくてはならないって
お医者さんもおっしゃってます。
私も三年半前まではトンカツとから揚げが大好物でした。
それとお菓子!!だ。か。ら〜、、、脳梗塞みたい病気になってしまったんですよね。(^^;
人間の体って食べ物で出来てるって本当に実感致します。はい!

さっき、今日はどんなテーマで日記を書こうかなぁ〜って思っていたら
一冊の本がパタンって出て来ました。不思議だぁ〜。。

その本はこれです。



完全な菜食主義者でヴィーガンで超少食のこの方の本。
すっごく感銘を受けた一冊であります。
この本の中に、
「ウシを養う穀物で10倍のひとが養える」という項目あります。

牛を養うには、森林の木を伐採して牧場にすることで環境を破壊したうえに、
多くの穀物を牛に食べさせなければならない。
大量の穀物を牛が食べて、その肉を限られた人たちが食べている。
その穀物を人が直接食べたなら、はるかに多くのひとが養え、餓死する人が減る」



牛肉一キロをとるために必要な穀物の量は、8〜10キロ、場合によってはそれ以上になります。
牛を育てるための穀物で10倍の人が養えるのです。
自分の食卓に並んでいるものが世界とどのようにつながっているかに思いをはせることは、大きな意味があります。と。。。

今、消費している肉の消費量を半分にすれば、地球上で餓死する人は少なくなる。

私は三年半前からほとんど肉を口にしていません。
この食生活にしてからは、以前、ひどかった片頭痛、扁桃腺、風邪の症状も改善されました。
「肉」は本当は必要なかったのかな?って実感しています。
常識は非常識の時代なのですね。
身体が健康になったうえに、餓死する人が減る!!
みんな幸せの連鎖に発展しますね♪

人気ブログランキングへ
ネコ写真 ブログランキングへ


ヴィーガン ブログランキングへ