ふわふわミュウ!「5年後、早死にしたくなければ今すぐ食事を変えなさい!」

JUGEMテーマ:健康

 

久しぶりのミュウです。

 

ミュウは他の猫たちとコミュニケーションがうまく取れないので、

ケージ生活です。

ケージの中の方が落ち着くようです。

でも、時々、こうやって遊んであげたいと思ってます。

 

 

 

 

昨日、本棚を久しぶりに見て見たら、

あら?いつこの本を買ったのだろう?という本が目に止まりました。

 

すごい題名ですよね!

 

読んでみると!

 

「はじめに」を読んでみただけで納得の本であります。

 

はじめに

 

「医食同源」「薬食同源」という言葉があります。

食べ物や食事は、単にお腹が満たすことではなく、

ときに「薬になる」ものであります。

「病気を癒す」ものでもあるのです。

西洋医学では素晴らしい発展を遂げていますが、

例えば、がんに対しては病気の原因ではなく、

腫瘍という結果を手術で摘出したり、

放射線で取り除いたり、抗がん剤で壊滅させたりすることのみ腐心しています。

 

このような処置はあくまで対症療法であり、

病気の原因に対処し、根本的に病気を治す、

つまり、元の健康な状態にするという意味の治療とは対極にあるものです。

 

これはがんに限らず、高血圧や糖尿病など他の病気も同じです。

 

それに対して、「漢方学医学」には、

「万病一元、血液の汚れから生ず」という概念があります。

 

これをもとに、2000年も前から日々、口にする食べ物を組み合わせて

薬を作り、血液の汚れを浄化して病気を治して来たのです。

 

現代の日本では、医師の数も増え、年間40兆円という莫大な額の医療費を

使っているのにも関わらず、様々な病気と多くの病人で溢れています。

 

これは現代の日本人が間違った食べ方をしているからです。

 

食べ物は薬になるからこそ、健康でいるために正しい食事をすることが大切なのです。

 

間違った食べ方を続けていると、

健康が損なわれ、早死にしてしまう危険性もあります。

 

年齢によっても、体が必要とする栄養素は異なり、

食べ方も変わってきます。

 

 

 

人間に合った食事をしよう!!」

 

図解 5年後、早死にしたくなければ今すぐ食事を変えなさい (日文実用PLUS 32)

 

この本の著者、石原結實先生は

世にも美しいガンの治し方

 

で初めて知りました。

 

◉血液を汚す7つの要因

  1. 食い違い------現代では肉食に偏りすぎている。
  2. 食べ過ぎ
  3. 運動不足
  4. ストレス
  5. 汚染物質
  6. 水分の取りすぎ

 

「解毒」について

 

我が家の白にゃん姉弟が掲載されています。

2017年猫めくり大賞を頂きました。

 

 

さとうみつろうさんが最近出版されたこちらの本↓

も面白い。

ある女性週刊誌で連載されていた記事を

まとめた本だそうです。

 

 

 

猫写真ランキングに参加しています。 
 

にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ 
↑「ポチッ!」

とありがとうございます。

 

あらいごま(黒) 80g   《京都へんこ山田製油》

 

 

 

「咳にレンコン」